Conceptコンセプト

サザンガクがあなたの拠点になる

ノートパソコンやスマートフォンの普及で社会のIT化が進み、
「テレワーク」というオフィスの場所にとらわれない柔軟な働き方ができるようになりました。

「サザンガク」は、オフィス環境を共有し、作業場をシェアできる「コワーキングスペース」、
本社を中心に衛星のごとく存在する「サテライトオフィス」、
人材と企業をテレワークで繋ぐ「テレワークオフィス」3つの機能を併せ持つ施設です。

より多くの人々に「場所にとらわれない働き方」を提供し、多様なライフスタイルの実現を目指します。
育児中の女性がキャリアステップしながら仕事ができる場所にもなり、
休暇と仕事を両立させる働き方「ワーケーション」だって可能。

IT従事者でなくとも、学生さんや主婦の方もお気軽に利用できます。
様々な「人」と「人」との出逢いから生まれる相乗効果で、化学反応が起こりそうな予感です。
ここ「サザンガク」からミライのビジネスが始まります。

Accessアクセス

33GAKU《サザンガク》 〒390-0874 長野県松本市大手3丁目3番9号 NTT東日本大名町ビル 1F
TEL/
0263-33-0339
FAX/
0263-33-0305

Greeting代表挨拶

嵯峨 宏一
昨今の中小企業を取り巻く環境は、
新型コロナウイルス感染症拡大による世界的な経済活動の停滞により、
非常に厳しい状況下にあります。
こうした中、企業の経済活動においては、ICTの活用による省力化の推進や
業務プロセスの見直しといった経営基盤の強化が、必要不可欠となっております。

私ども一般財団法人松本ものづくり産業支援センターは、
松本地域のものづくり産業を取り巻く課題を踏まえ、
「松本市工業ビジョン」に基づき、「サザンガク」を拠点に
「ICTを活用した地域産業の振興」をミッションとした活動に、
目下取り組んでおります。

「サザンガク」には、様々な意味、願いを含みます。
松本市が標榜する岳都・楽都・学都の「3ガク都」
拠点施設の3つの機能である「テレワーク」「コワーキング」「サテライト」が掛けあわさり、
さらに、そこに集う「人」と「人」とが掛けあわさり、大きな力が生まれるということ。
「サザンカ(山茶花)」の花言葉「困難に打ち勝つ/ひたむき」でもあり、
「さんざん学ぶ」でもあります。

「サザンガク」が、単なる「事業拠点」の枠に留まることなく、
業種という垣根を超え、地方と都市部という物理的な距離を超え、
あらゆる性別、年代、職種の「志ある」人々が集い、「掛けあわさる」場所でありますよう、
関係機関の皆様方のご支援をいただきながら、引き続き取り組んでまいります。

(一財)松本ものづくり産業支援センター
   理事長(松本市副市長) 嵯峨 宏一

Staffサザンガクのスタッフ

  • 川上正彦
    施設長 川上正彦
  • 三井康弘
    係長 三井康弘
  • 野尻和彦
    ICTコーディネーター 野尻和彦
  • 栗林正好
    ICTコーディネーター 栗林正好
  • 濵 由佳子
    コミュニティマネージャー 濵 由佳子
  • 岡村環
    事務員 岡村環
  • 関咲菜
    事務員 関咲菜

ご利用に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0263-33-0339

WEBからのお問い合わせ